周りと差をつけたい!!売れたいキャバ嬢はSNSを活用しよう

売れたいならTwitterのアカウントを作ろう

インスタやTwitterは今や幅広い層に普及しており、キャバ嬢も例外ではありません。
お店の様子や顧客からもらったプレゼント、入れてくれたボトル、今日のコスチューム(ドレス)などの情報を、画像付きでスマホからすぐにアップ出来るのはやっぱり便利ですよね。

Twitterやインスタで情報を発信するのはとても簡単なので、キャバ嬢も積極的に活用しています。
お店側が「定期的にTwitterにイベント情報を上げてください」と指示しているケースもあります。
お気に入りのキャバ嬢が発信するイベント情報やお店のお得情報は魅力的ですが、キャバ嬢の出勤予定や今日のコスチューム、顧客への感謝の気持ちを表現するなど
リアルタイムで情報がキャッチ出来るのは顧客の側から見ると嬉しいものです。

とくに「〇〇さん、今日はドンペリ入れてくれてありがとー(ハート)」「〇〇さんからブランド物のバッグ、頂いちゃいました」と、
Twitterを通して感謝の気持ちを伝えられるのは大きな魅力かもしれませんね。

特にTwitterは文字数に制限があるので、長々と文章を打つのが面倒だというキャバ嬢にはおすすめです。

一度アップしたメッセージも削除できるので、あまり気にせずどんどん情報発信出来るのも便利なところです。

LINEもフル活用しよう

フリー客と連絡を取りたいならLINEが便利です。
他の利用者にメッセージの内容を盗み見られる可能性は低いですし、Twitterやインスタは公開してしまうと誰でもメッセージの内容をチェック出来るので、プライベートな写真や連絡先を公開してしまうと大変な事になってしまいます。

その点、LINEであれば他の方に見られる事無くメッセージのやり取りが出来るので便利ですよね。
ただLINEは一度会話が始まるとなかなか終わらないので、時間を決めて切り上げる方が良いです。

またプライベートな連絡方法だからと言って、本名や住所、またそれらが推測しやすい情報を送るのは控えてください。

写真をたくさん投稿したいならinstagram

インスタは画像や動画をサッと投稿出来るので便利ですね。
キャバ店内の様子や他の女の子の様子などをスマホで撮影し、すぐにアップ出来るので
たくさんの女の子が営業用に使っています。

気軽に使えるのは良いのですが、他の女の子やスタッフ、顧客への配慮が大切です。

自分で自分を撮影してアップするのは良いのですが、他の女の子の場合「キャバ店で働いているのを知られたくない」と思っている子も結構いるんですね。
なので、
写真を撮る前に「写真撮っていい?」だけではなく「あとでインスタにあげるけど、いい?」とここまで許可を取っておかないと、とんでもないトラブルになります。

顧客と写真を撮るのも相手が了承すればOKですが、インスタには絶対あげない方が良いです。
奥さんや家族、同僚など色々な方が見る可能性があります。
奥さんやお子さんが見つけたら嫌な気持ちになるのはすぐにイメージ出来ますよね。
写真や動画をアップするのは慎重に…

※必読!!SNSを使うときに気を付けること

先ほども書きましたが、画像や動画をアップする時に自分以外の人物が映っていたら「SNSにアップするけどいい?」と確認するのは基本中の基本!!
嫌がる場合は絶対にアップしてはいけません。
信頼関係が傷つく元になります。

SNSはあっという間に拡散するため、プライベートな情報や個人情報が含まれた画像などは絶対に公開しないように気を付けましょう。
また顧客からもらったプレゼントをアップすると

「(他の顧客に)プレッシャーを掛けようとしている」
「同業者間で自慢しあっている」
「こんなタイプのキャバ嬢は応援したくない」

などのように不愉快に思う方もいます。
一度アップした動画や画像、メッセージをどう受け取られるかは分かりませんが、
必ずも好意的に捉える顧客ばかりではない事を分かっておいてください。