あの客マジキモイんだけど!?迷惑なお客様の対処法【店外デート編】

お昼は学校や仕事をしている設定にする

キャバクラの顧客の中には、店外デートを狙ってしつこく誘ってくる方がいます。
店外デートはキャバ嬢がプライベートな時間を割いて対応しなければならないので、よほどの太客や日頃から良くしてもらっている顧客以外は相手にしない方が良いのです。
頑張っても報酬は一切もらえませんからね(ただし同伴出勤は除く)

顧客からすれば仕事帰りのキャバ嬢と個人的に飲みに行けるならラッキーですし、
店外デートが増えればわざわざキャバクラに行く必要もありません。

お金の節約になるわけですね。
なのでしつこく「仕事が終わったら、一緒にお酒でも飲もうよ」と誘ってくるんです。

店外デートでメリットのありそうな顧客なら応じるのもOKです。
でも「どう考えても顧客になってくれそうにない」「個人的に嫌いな客」だった場合は丁寧にお断りしなければなりません。
そこで役立つのがキャバ嬢独自で作る「設定」です。

「お昼は学校に通っている、または仕事をしているから早めに帰宅しなければならない」こんな設定にしておくと店外デートをお断りしやすいです。

専業キャバ嬢ではないので忙しい、と言っておけばそれ以上しつこく言い寄ってくる可能性は低くなります。

キャバ嬢のプライベートを破綻させてまでデートしたい!とは言いにくいですからね。

「キャバクラの仕事は単なるバイトで、通っている大学を卒業して就職するのが本来の目的なんです」

「本業はOLなのでバイトで本業を潰したくないんです」

などとハッキリ言いましょう。曖昧な返事をしていると押し切られてしまう可能性もあります。

実家暮らしの設定にするのもおすすめ

店外デートを断る口実に「実家暮らしだから」と言う女の子もいます。
実家暮らしだと親や兄弟の目がありますから

「遅い時間に帰ると、家族(両親や兄弟)に心配を掛けてしまう」

と言うのが効果的です。
それでも「アフターしようよ」としつこく誘われたら「門限を守らないと、仕事を辞めないといけないんです」と言っておきましょう。
店外デートに誘うとキャバ嬢の仕事が続けられないとなると顧客も困りますよね。

ただこの実家暮らしの設定も、しっかり守らないと大変な事になります。
太客とは店外デートに応じ、気に入らない顧客の誘いは「実家暮らしなので…」と言って断り続けると後で揉める事もあるんです。
太客とアフターしている時は、
お断りした顧客とばったり出くわしたり、他のキャバ嬢からバラされるなどのトラブルで揉める事もあるので要注意です。

「なんだ!嘘をついていたのか!俺とはよほど店外デートしたくないんだな」と怒られてしまうので、実家暮らしを装っているのならとにかくその基本設定で通しましょう。

「私は実家暮らし」という設定にしているなら、他のキャバ嬢にも「私、実家に住んでるって設定にしてるから、一人暮らしだなんて言わないでね」と釘を刺しておくか、最初から「実家暮らしなんですよね」と嘘の情報を伝えておく方が良いです。

本当にデートしたくないなら、はっきりデートはできないという

店外デートを断る時、あれこれ下手な言い訳をしないで、一言「店外デートは出来ない」とビシッと言ってしまうキャバ嬢もいます。

断る理由は「何となくデートしたくない」と曖昧なものでは相手も納得出来ません。

そこで

「初めて会ったんでいきなり店外デートはちょっと…もっと親しくなったら考えます」

「もっと長い時間、お店にいてくれる方でないとデートは出来ません」

など、独自の基準に従って断る方が説得力があります。
相手の誘いを断るのは嫌なものですが、いい加減な対応をしているとトラブルの元になります。
嫌なものは嫌と、しっかりお断りしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です