キャバクラで働くデメリット

デメリット①キャバクラで働いていると、金銭感覚が狂う??

実際に昼職で働いている方は実感していると思いますが、真面目に働いてももらえる給与って、決して多いものではありませんよね?
とくに国家資格やキャリアのない若い世代は、給与所得でゆとりある生活をするのは難しいです。
20代後半のOLの手取り月収なのですが、実は20万円未満の方が全体の半数以上いると言われてます。

でも事務職で手取り20万円もらえれば恵まれている方かもしれませんね。
地方に行くと手取り15万円にもならないケースが結構あります。
でもキャバ嬢は違うんですね、売れっ子キャバ嬢になると月収が100万円を超える事も普通にありますし、お店からもらえる報酬以外に、お客様からエルメスのバッグを買ってもらったり三ツ星レストランでお食事を奢ってもらったりと、普通のOLでは考えられないような贅沢が味わえるんですよね。

一度月収100万円の生活を知ると、もう月収20万円の生活には戻れないですよね?
ナイトワークで一時的に大金が稼げると金銭感覚が狂ってしまうのはデメリットの一つです。

デメリット②指名数のノルマや、遅刻や欠勤時の罰金が存在する

キャバ嬢は営業職なので、どうしてもノルマが発生します。
「今月は同伴5回、指名を10回もらうように」と目標を設定されると、その目標を達成するのはキャバ嬢の仕事。

もし目標未達となると店長のお小言を聞かされるのは避けられません。
罰金や時給カットなど厳しいペナルティーが科せられるケースもあるんです。
キャバ嬢は人気商売なので、人気の出ない女の子はお店を辞めて他の仕事に就くか、別のお店で再出発するか決断しなければなりません。

デメリット③営業時間が夜間なので、不規則な生活になりやすい

最近は早朝から開店している朝キャバもありますが、一般的な店舗は夜19~20時前後から開店して夜中の0時に閉店します。
一応法律上では0時まで(地域によっては夜中の1時まで営業可)しか営業出来ない事にはなっています。違法店は堂々と朝方まで営業してたりしますが…

キャバ嬢にとって一番稼げる時間帯は真夜中です。
仕事が終わってもすんなり帰宅出来るわけじゃなく、大事な顧客とは営業時間が終わった後に店外デート(アフター)で営業しなければならない事もままあります。
完全に(会社員で言うところの)夜勤生活になってしまうんですね。

夜勤生活はぶっちゃけしんどいです・・・
若いうちはいいんですが、30代になると体力的につらくなって朝キャバに移店したり、キャバ嬢自体辞める女の子もいます。
不規則な生活で体がボロボロになる女の子も見てきたので、無理は禁物ですよ?体(健康)あってのお仕事ですからね。

デメリット④営業活動があるので、プライベートの時間が減る

キャバ嬢の仕事の一つとして、顧客へのLINEや電話での営業活動があります。
キャバ嬢は常に営業成績をチェックされています。
営業しても成績に繋がらない事は当然あるんですが、最初から「努力しません」ではお店のスタッフも納得出来ませんよね?
私も出来る限りの事はしなきゃと思っているので、プライベートな時間は顧客との営業LINEや営業電話に励んでます。

電話の場合は顧客の都合もあるので頻繁には掛けられないのですが、LINEはマメに送りますね。
大事なイベント前だけ頻繁にメールを送ると印象が悪いので、出来るだけ数日おきに連絡とるようにはしています。
顧客によっては毎日何度もLINEやメールを送る事もあります。

出来るキャバ嬢は毎日数百通もメールを送っている、なんて聞きます。
でもこうなるとプライベートな時間は殆どなくなりますよね。
さすがにやりすぎな気がしなくもないですが…