都内エリア別キャバクラの特徴【その他】

若い女の子率が高い「渋谷」

渋谷は言わずと知れた若者の街です。
キャバクラも勤務している女の子は若い人が多いですし、顧客も若い男性が中心です。
銀座のような高級感溢れるゴージャスな店内と言うより、若い男性が気軽に入店しやすい料金設定や入店しやすい雰囲気を大事にしています。
渋谷は飲み放題で60分5,000円前後のお店が多いです。

売り上げノルマが厳しいお店が少ないので、お店で女の子同士が喧嘩しあったり足を引っ張りあう事も少なめなのが特徴です。
若い男性客が多いこともあって、ワーッと盛り上がって楽しい雰囲気でお酒が飲める環境なので、バイト感覚で楽しく仕事がしたい女の子にはお勧めですよー。

ただ本気で稼ぎたいなら渋谷はキャバ店自体が少ないので、新宿や池袋などお店の多いエリアに移店する方が良いかもしれません。
渋谷はアルバイト感覚のキャバ嬢がゆるく楽しく働くには良い場所です。

新宿と並ぶキャバクラ激戦区「池袋」

池袋は新宿と並ぶキャバクラ激戦区です。
老舗キャバ店も多く、長く働けるお店を探している女の子にはうってつけです。

  • コスプレ系のキャバクラ
  • ショーを売り物にしたショーキャバ
  • 朝から営業している朝キャバ
  • 会社の接待にも使える高級キャバクラ
  • 女子大生だけのキャバクラ

上記のようにお店のバリエーションもかなり豊富で、実に様々です。
最近は時代の流れかもしれませんが、熟女キャバクラ(半熟キャバクラなど)のような中高年の顧客をターゲットにしたキャバクラが増加する傾向にあります。

「もう30歳だし、キャバ嬢は卒業かな?」

そんな発想は時代遅れです。
今は30代~40代の女性も熟女キャバクラで活躍出来る時代ですよ。

池袋はお店のバリエーションが豊富なので、求人をチェックしていると「ここなら働けそう」とビビッと来るお店が必ずあります。

気軽に立ち寄れる雰囲気のキャバクラが多い「上野」

上野も池袋と同じように

  • 熟女キャバクラ
  • 女子大生キャバクラ
  • 朝キャバ
  • 昼キャバ
  • 素人キャバクラ

などの様にバリエーション豊かなお店がひしめいています。
上野の場合高級店は少なく、どちらかと言えば仕事帰りの会社員が気軽に立ち寄れる雰囲気や料金設定のお店が多い傾向にあります。
会社員だけではなく地元の顧客もやって来ますね。
後は有名な風俗街の吉原が近い関係でそういった関係のお客様がいらっしゃることもあるそうです

上野の熟女キャバクラや姉キャバは予算3,000円前後のお店が多いので、キャバ嬢の時給は安いと考えておいた方が良さそうですね。
地元の顧客とのんびり楽しみたいなら上野のキャバクラは狙い目かもしれませんが、ガッツリ稼ぎたいなら池袋や新宿のお店を狙った方が良いかもしれません。