キャバクラの給料の仕組みを知ろう!!

基本的には新人にしか適用されない「固定時給式」

キャバクラの給与は複雑で分かりにくい面もあるのですが、一番理解しやすいのが固定時給式です。
これはコンビニやデータ入力などのアルバイトで働いた事のある方ならすんなり理解出来るシステムです。

つまり「〇〇ちゃんの時給は3,500円でいいね」とお店側と合意した場合、時給3,500円で仕事をする事になるんです。
もし一か月に20時間仕事をしれば70,000円の報酬が発生します。
この固定時給制は、まだキャバ嬢が新人で決まった顧客がいない場合に適用されるケースが多いです。

しかし、固定時給で働ける期間はせいぜい2~3か月程度です。
この間に仕事を覚えて顧客をどんどん増やしていかなければなりません。
キャバ嬢の慣らし運転のようなものです。
固定時給で働ける期間は時給(報酬)が保証されているので、安心して働けるのはメリットですが、保証期間が終わるとノルマや罰金が科せられる事になります。

なかにはずっと固定時給制のまま仕事をするキャバ嬢もいますが、このタイプの女の子はヘルプ専門で、お店側が「この子はキープしておきたい」と思う子に固定時給制を持ち掛けます。
頑張って営業しなくても時給はずっと保証されているので気が楽です。

売り上げをポイント化する「スライド式」

同伴出勤や本指名、場内指名の回数をポイントに換算し、そのポイントを基にして時給が決まるのがスライド式です。
営業成績によって時給が変動してしまうので、完全の実力の世界ですね。

お店のノルマももちろんあるのですが「ノルマ以上に頑張った女の子は、その頑張りを正当に評価しましょう」と言うシステムなので、バリバリ営業出来るモチベーションの高いキャバ嬢にとってはとても有利です。
本指名や場内指名をこなすことで換算されるポイント数やそれらポイントの合計によって決まる時給の基準などは、お店によって違いがあります。

スライド式のお店に入店する時は、どれくらい頑張れば時給がこれくらいになるという基準を持っておく方がモチベーション維持に繋がりますね。
キャバ嬢歴が長く固定客を持っている場合は、最初からポイント制を採用してもらう方が有利です。

営業成績によって給料が加算される「バック式」

キャバ嬢の報酬は時給に加え、バック(報奨金)が加算されます。
バックとは「同伴出勤を1回こなせば3,000円、場内指名1回につき500円、場外指名(本指名)1回につき2,000円」などのように、営業成績によって加算されるインセンティブの事です。(この方式の給料形態をバック式といいます。)

頑張ってたくさんの指名や同伴出勤をこなしドリンクをどんどん奢ってもらいボトルをじゃんじゃん入れてもらえば、時給に加えて報奨金が加算されます。
キャバ嬢の頑張りが最も反映される部分ですね。

キャバクラの体入でボーナスが貰える求人も?

上記に書いたのは、入店してから働いている中でのお話しですが、
実は大手のキャバクラの中には、体験入店や面接などに行っただけでお祝い金が貰えたり、本採用になると入店ボーナスが加算されるお店があるんです!!

この制度があるお店とないお店では初月の収入が全然違ってきますので、
求人サイトだけでなくキャバクラのお店の公式ホームペ-ジなんかもチェックしてみるといいですね。

最近見つけたオススメだとチックグループの公式ウェブサイトの採用情報ページに2018年6月30日(土)までの期間限定で面接・入店・2か月目の計3回、合計16万円ものお祝い金ボーナスが出ると書いてありましたよ!
しかもチックグループのお店は六本木や銀座にあるので、六本木・銀座でフロアレディになりたい人は要チェックです♪